バイオリンとの日々 佐藤俊介さんリサイタル
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
佐藤俊介さんリサイタル
2010/11/01(Mon)
10月29日金曜日に
上野学園の石橋メモリアルホールでの
佐藤俊介さんのリサイタルへ行ってきました。
新丸ビルで夕食を済ませ、19時からのリサイタルでした。
(新丸ビルは落ち着いていて雰囲気がとてもステキでオススメです)

今回はチェンバロとの曲がメインでしたが
バッハの無伴奏ヴァイオリンパルティータ2番の
演奏もあり大満足のコンサートでした。
佐藤俊介さんのコンサートは5度目くらいですが
一段と、成長されたように感じました。
日本人にはない弾き方というか
音楽的に才能があるんでしょうね、
純粋に音楽を楽しめる弾き方をされる方です。
五嶋龍くんの次に大好きなアーチストです。
今回も最前列の真ん中のチケットがとれて
佐藤さんの目の前で演奏が聴けました。
一緒に行ってくださったお友達も
とても感動していたみたいで、
帰り道にバイオリンの話で盛り上がりました。

P1000560_convert_20101101202418.jpg
座席からのアングルです。

P1000566_convert_20101101201800.jpg
2階から写真を撮ってみました。

P1000562_convert_20101101202026.jpg
ギャラリーコーナーです。
石橋メモリアルホールは今年の5月にopenしたばかりで
とても新しい現代的な建物でした。



10月31日日曜日は、お友達のオーケストラの定期演奏会があり
埼玉の川口まで行ってきました。

P1000590_convert_20101101202715.jpg

P1000595_convert_20101101204230.jpg
この日の曲目は
レスピーギの「リュートのための古風な楽曲とアリアより」
   〃  「交響詩」ローマの松
ムソグルスキー「展覧会の絵」でした。

バイオリン友達は歴6年ですが
(彼女が半年ほど先輩です)
ほかの楽器でオケに入っていて何年か前に
バイオリンに転向したそうです。
とてもいろいろな事を知っていて
いつも勉強させていただいています。
練習もとても熱心で、レベルも比べ物にならないほど
遥か遠く、手の届かない存在です。
オーケストラに入ると、まず楽譜が山のようで
おたまじゃくし♪もすごい数で
曲のスピードもハンパじゃないそうです。
う~ん、私にはとても無理ですね。
挫折が目に見えてます 
もうちょっと修行をしたら
こじんまりと、ごくごく親しい友達と
アンサンブルくらいができたらいいなと思います。
ゆっくりな曲でも、きれいな音色で弾くことが
目標です。
スポンサーサイト
この記事のURL | イベント | CM(0) | ▲ top
<<庄司紗矢香さんリサイタルと弦楽器フェアとアマオケ | メイン | 羽田空港国際線ターミナル>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。