バイオリンとの日々 シャネル コンサート その2
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
シャネル コンサート その2
2010/11/29(Mon)
11月27日はシャネルピグマリオンデイズの
コンサートをはしごしました。
マチネ(13時~)では
若手バイオリニストの「鍵富弦太郎」さんと
男性だけの弦楽四重奏で
ハイドン弦楽四重奏曲第77番と
ボロディン弦楽四重奏曲第2番でした。
鍵富さんの演奏は今回はじめて聴くことができて
いろいろなことで、驚かされました。
音大在学中の24歳で、ジャニーズにいそうな
超イケメンで、細くてスタイル抜群なうえ
演奏がすごくカッコイイ!
惚れました
友達は「赤西仁」に似てると言ってました。
バイオリンを弾いているときの
横顔なんか似てるかもです。
音色もすごくステキで、癒されました
聴いていてとても楽しくなるっていうか
幸せな気持ちになりました。
ありがとうございました

演奏後、次のコンサートのために並んでいたら
彼たちが、出てきました。
ドキドキしながら
「写真を撮らせていただいても大丈夫ですか?」
と声をかけたら
鍵富さんが「全然、大丈夫ですよ」と気さくに答えてくださって、
なんて良い人だぁ
一人でと、みんなでと2枚撮らせていただきました。

P1000691_convert_20101129191340.jpg 

左から、ヴィオラの飯 顕さん、バイオリンの奈須田 弦さん、鍵富さん、チェロの鈴木皓矢さん 
みんな桐朋学園大学の学生さんだそうです。

鍵富さんはCDをリリースしていて
小澤征爾さんとも演奏したことがあるそうです。
これからの活躍が期待される
とても楽しみなアーチストですね。

シャネルコンサートのソワレ(16時~)は
守屋剛志さんと今井彩子さんの演奏で
シューマンヴァイオリンソナタ1番と2番でした。

守屋さんは、東京芸大卒で今は国立ベルリン音楽大学の
学生さんみたいです。
ひと言で言えば、完璧な演奏でした。
音色といい、リズムといい
ほんとに優等生なんだなっていう感じで
守屋さんのまじめさが、よくあらわれている
演奏でした。
機会があれば、もっと情緒のあるきれいな
曲を聴いてみたいですね。


スポンサーサイト
この記事のURL | バイオリン | CM(0) | ▲ top
<<ご無沙汰しておりましたm(_)m | メイン | 初TOEIC終了>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。